FC2ブログ
in 設計事務所って何してるの?

マレーシアへ行って来ました。

-1 COMMENT
久々の更新になってしまいまいた・・
月末までに溜まっている記事をアップして参ります。

まずは、
2月に会社研修旅行でマレーシアへ行きました。
北のペナン島から縦断して、南の首都、クアラ・ルンプールへとの計画です。

二月は雨季のため、比較的格安で旅行できるのですが、余り天候に恵まれない旅行となってしまいました。

ペナン島ではパトゥ・フェリンギ地区のパークロイヤル・ペナンリゾートに宿泊しました。
パークロイヤルペナンリゾート

ホテルのビーチ側プールサイドです。
ホテル プールサイド
天候が優れず、1日泳げただけで残念・・

このホテルからクアラ・ルンプールの同系列ホテルを予約してホテルを確保します。
言葉が通じるか心配でしたが、偶然日本の外語大学の学生がホテルでアルバイトをしていたため助かりました。

ホテル内は何もかも割高なので、食事はもっぱら外です。ここはタイ式シーフードレストランとの事ですが、どこがタイ式なのかは?です。水槽に入った魚介類を選ぶと調理してもらえます。
シーフードレストラン

ペナン島をタクシーで見学。
マレー半島とペナン島の間、北海峡です。
ペナン 北海峡

この旅行の一つの目的、2008年にユネスコの世界遺産に登録されたジョージタウンです。
ジョージタウン
イギリス統治時代の面影が色濃く残ると旅行ガイドブックにありますが、
あまり、パッとしないなぁと言うのが第一印象。

北海峡側にある伝統水上家屋です。
伝統水上家屋
華僑の同一一族が家屋中央の橋を所有。5本の橋がウエルド埠頭から海峡に向って伸び、橋の両側に高床式の住居が並びます。橋ごとに苗字が違う一族が現在も暮らされています。

ウエルド埠頭からマレー半島側までフェリーで移動。このフェリーは無料でした。
バタワースフェリー

フェリー到着地のバタワースからマレー鉄道の急行に乗り、クアラ・ルンプールへ移動です。
マレー鉄道
旅行中日の今日は一日移動です。タイムテーブルではバタワースからクアラ・ルンプールまで7時間半の行程です。が、クアラ・ルンプールまで9時間かかり、到着した時は夜の9時過ぎ。もうヘロヘロです。
日本の鉄道が如何に優秀かを改めて実感。

首都クアラ・ルンプールの新名所と言えば、ペトロナス・ツインタワービルかな?
KLCC公園から
高さ452m スカイブリッジで41階がつながれています。
設計はシーザー・ペリー&アソシエーツ。施工は日本のハザマと韓○のサ○○ンです。 
メタリックな近代的オフィスビルで好感が持てます。

KLCC公園側からの眺めです。
KLCC公園から

元々、日本の建設会社が全て受注して工事が行われるはずでしたが、○国からの圧力により工事着手前に日本、○国が1本ずつ建てる事になったそうで、施工図なども日本のコピーが使われたとのもっぱらの噂。
見よう見真似で建設された○国側のタワーは、床が傾いているとか、タワー自体が0.8cm傾いて倒壊するのではとも言われています。夜景を見に行きましたが、KLCC公園から向って右側の塔は電気も余り点いてなくて、人気の無さが分かります。

見よう見真似で同じ形の建物は出来あがりますが、やはりその過程が大切だと実感した次第です。

関連記事
1
  • Share

1 Comments

There are no comments yet.

職務履歴  

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

2012/11/05 (Mon) 19:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment