FC2ブログ
in 設計事務所って何してるの?

新木造住宅技術研究協議会 通常総会及び全国研修会 IN 大阪

-0 COMMENT
大山崎山荘美術館2
去年の横浜に引き続き、今年は大阪で全国大会が2日間開催されました。場所は梅田スカイビル ステラホール

1日目は総会の後、講習会を夕方まで。  まずは・・鎌田先生の基調講演 Q1住宅について。約300名が受講。
鎌田教授 基調講演

研修会はパネルディスカッションや会員の取り組み事例などの発表など盛り沢山。
酷暑の続く地域がら、全室連続冷房の取り組みなど興味深い発表が続きました。
休憩時間はホール出入り口に設けられた関連資材メーカーの展示ブースで情報収集。休憩になっていない・・

新住協 メーカーブース

夜は場所を変えて全国交流懇親会。私も参加させて頂きました。
会場が大きくて同じテーブルの方とだけしか交流出来ませんでした・・

新住協 交流会

2日目は分科会。4つのカテゴリーがあり、私は京都大山崎コースの見学会へ参加。
初めに向かったのは大山崎の聴竹居。
2017年6月に国の重要文化財になった日本初の環境共生住宅だそうです。
SNSへの写真アップはNGです。出入り口の雰囲気だけ・・

聴竹居入口
詳しい情報はここからご覧下さい。
感想はお金をかければ何でも出来るんだな・・かな。
こだわりは凄いし、意思統一された住宅でした。完全を目指されています。

次は大山崎山荘美術館へ。
大山崎山荘美術館

新館には安藤忠雄氏作の「地中の玉手箱」
地中の宝石箱

安藤氏特有の象徴的な出入口。肝心の内部美術館は、モネもピカソも照明がガラスに反射して残念な感じ。

このあとは新住協会員様が設計施工されたQ1住宅2軒を見学させて頂きました。
個人住宅なので写真は載せませんが、床下暖房の実例のみご紹介。
新住協 住宅見学会2

この様な形で床下暖房をされていましたが、床下冷房はされていないとの事でした。
基礎断熱タイプの住宅です。

色々なことが刺激となった二日間でした。来年は仙台だそうです・・


関連記事
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment